癒しとしての緑の葉。余裕のある生活を観葉植物と共に!

日常生活において、「癒し」ってものすご~く大切なことですよ

 

緑色。それは心を落ち着かせる色、とかよく聞きますよね。

 

色というだけでなく、実際に観葉植物は「癒し」と大きく関係してる事をご存じですか?

 

これはおそらく都会のほうに住んでいる方々やそのお子様により多くみられる事なのですが…

 

いわゆる

 

 

空気が悪い!

 

 

あるいは

 

 

空気が合わない!

 

 

 

これです。

 

空気が読めないとか、雰囲気が悪いとかそういう事ではないですよ。

 

まさに読んで字の如く。そのまま。

 

空気中の成分の話なんですよね。

 

 

近年では郊外でももちろんこの問題に関係していますが、都会だともっと多くの工場、それに車も高速や国道をビュンビュン走っているので、早く帰宅して家の中では落ち着きたいところ。

 

しかし

 

この家、つまり住居の中にも有害となるものがたくさんあるという事実。
(ベンゼンやホルムアルデヒドやトルエンなど。揮発性有機化合物といい、住居の内装に使う材料に多く使用されている。)

 

聞いた事がある方も多いと思いますが、シックハウス(ビルディング)症候群やシックカー症候群といったような病気もあり、家の中でも常に有害ガスが出ている状態なんですよね。

 

じゃあせっかく家で癒しを求めたくても、外でも有害、中でも有害だと思うと全然安らぐことなんて出来ないじゃないか…

 

 

いや、そんなことはありません! 

 

 

それらの空気を清浄にしてくれるのが観葉植物です!

 

 

これが科学的にもちゃんと証明がなされているのでどうかご安心を。
(アメリカ航空宇宙局、あのNASAが1984年に揮発性有機化合物を取り除く作用があると発表しています。)

 

もちろん空気清浄の効力のあるなしは種類によって違いはあります。

 

が、基本的には二酸化炭素を吸収し、綺麗な酸素をだしてくれているので、植物を置いている家と置いてない家には当然差が生じますよね。

今すぐ空気が気になったぞって方はコチラへどうぞ
>>空気清浄効果の高い観葉植物

 

 

 

え?

 

 

空気清浄の話だけで肝心の「癒し」を語るのは、ちょっと弱すぎないかって?

 

確かにおっしゃる通りかと。

 

 

ではもう一つご紹介しましょう。

 

観葉植物には、「フィトンチッド」と呼ばれる化学物質を出します。

 

実はこれがタイトルで「癒し」と書いた本当の目的といっても過言ではありません!(メインに辿りつくまでに長すぎ)

 

 

植物研究が進んでいる欧米でもその効果が認められており、次のような効能をもたらしています。

 

・ストレスを減らす

・安らぎ感を与える

・精神状態を整える、不安感の減少

・モチベーションの向上により、充実感

・病気に対する免疫力UP

 

いかがでしょうか。

良い事ばかりありすぎて逆に怪しいと考える方も少なくないと思いますが、これは実証されている結果なのです。

これを機に、みなさんも観葉植物に興味を持って頂けると幸いです!

 

以上が「癒し」に関する観葉植物のご紹介でした。

 

よろしければ、この機会にぜひ観葉植物を育ててみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)